クリエイターズマーケット
売れない人は、分配金もらうときもきつい?


LINEスタンプ
「1つ売れた!2つ売れた!」レベルだと、
分配金でも苦しい思いをします。


例えば、だいたい1万円行かないくらいだとします。
源泉徴収税、振り込み手数料で余裕で1000円以上ポーンと取られてしまいます。


毎日1000円、1万円以上販売できている超売れっ子なら
源泉徴収税が膨らんでも諦めが付きますが、
「数ヶ月でなんとか1000円…半年で5000円…」みたいな人は、
結構効いてくる額だと思います。


振り込み手数料は、
金融機関の場合一律540円です。


マイナス1000円としましょう。
1つ31円だとすると、なんと32人分引かれることになります。


数ヶ月でなんとか1000円くらいの売り上げの人なら
この人数に販売するのかなりキツイのわかるはずだと思います。
無料配布みたいなものです(^p^)

現実はほとんどの人がもっと低いです。


単純に儲けたいのなら、
他人のスタンプを作成して報酬をもらった方が利益になると思いますよ。


万が一ヒットしても、
絵柄が同じなので今度は個人で似た新作を発表できます。


制作代行業者が多いのはこの方が回収できるからなんでしょうね。


振り込み手数料540円取り過ぎですよね。

銀行はなんでインターネットバンキングやネット銀行のシステムないんですかね。
ネットで取引している人は少なくないのにかなり時代遅れですよね。
規模が大きいのでシステムを変えてしまうのは現実的ではないとか、
コストの問題もあるでしょうがもう方向決めてどうにかしていかなきゃダメだと思うんですが…。


地元の銀行口座の他にわざわざ対応しているインターネットバンキングやネット銀行の
口座を作った人も多いのではないでしょうか。


中抜き中抜き…そんな感じです。


また話しがそれてしまいました。
売れてない人は引き出すときも大変ですよというお話しです。
ヒットしないと悲しい思いしかしないぜ…(^o^)


LINEスタンプクリエイターズマーケットの源泉所得税の説明を読むと、
クリエイターがデザインしたスタンプ
これを販売する行為というのは、
クリエイターが保有する「著作権の使用」に該当するため、
源泉所得税の課税対象取引となります。


だそうです。
そ、そうなんだ…。


適用される税率


日本に居住する個人の場合


・支払金額が100万円以下の場合

 支払金額×10.21%


・支払金額が100万円を超える場合

 (支払金額-100万円)×20.42%+102,100円


支払金額×10.21%
自分の著作権の使用ってこんなかかるんですか…。


シンガポールや!シンガポール行くんや!