演者、脚本、演技、演出、音楽、カメラワーク、
美術(大道具、小道具)
資料収集、そして編集
次のコマで顔が変わらないようにメイクもします。


これ全部で漫画が出来上がります。

線が少なかろうと、
ダメダメ漫画でも小さなパーツが組み合わされているんです。

取材する人もいるでしょう。
写真が欲しい人はロケハンも必要ですね。


kindleなどの電子書籍、
個人出版だとセリフやルビも入れて
広報宣伝も必ずやらなくちゃいけません。


一人ですべてやります。
それが個人出版です。



覚えていってください\(^o^)/
初めて漫画を描いて出版して、
自分が一番身にしみたことです。


「知らないものはこの世に存在しないのと同じ」


この世にないものをピンポイントで検索してくる人は絶対にいません。
Googleを使うのは、
「答えが欲しい」から「見たいものを見る」からです。

あなたが知らないものはこの世に存在しないのと同じなんです。
つまり、多くの人にとって俺はこの世に存在してません!(*^。^*)


あなたの作品もこの世に存在していません。


起業する人も全く同じだと思いますよ。


例え知ったとしても
信用がないと誰も振り向いてくれません。
不安が取り除かれないと誰もサービスを利用してくれません。


ステマがどうしてなくならないのか
その答えもそこにあります。

知らないうちに不安を取り除かれ
誘導されてるんですね~。


だからこそ!

ネットは自分から近づかないと
一生ものの出会いや
自分に合ったサイコーに面白いものを見つけられませんぜ!(*^。^*)