漫画を描きはじめれば上手くなるのか?
自分では漫画っぽい感じに変化していけたと思います。


最初から最新までの変化


1444png
寿司を握る猫ゲンさんにごちそうしてもらう茶トラのビッケ

※両方、拡大圧縮しているので
セリフの文字つぶれてます(*^。^*)


1444png2
荒技・牛乳直飲み泥棒をするドンちゃん
「泥棒して飲む牛乳はサイコーだぜ!」
二巻の最初のページです。


このくらい違います。
どんどん変化していきました。


ペンタブに慣れていないこともあって、
普通の線を引くのにも苦労しました。
ノートに描くのとはやはり大きく違います。
ペン先も削れていくので削れた加減も難しいです。


多少理解できたから雰囲気に変化があったんだと思います。


クリップスタジオは難しすぎてほぼ使い方がわかりませんでした。
トーンも直接ペンで塗る「塗り絵」方式でやっていました。
今も半分以上わかりませんが、
使えない機能は工夫代用してなんとかするしかないです。
簡易モード作って欲しいですね。


とにかく慣れてから…と言ってもしかたないので、
前に進む、書くことだけ考えて進みます。


「まだ準備が整っていない」
と言い始めたら、なかなかスタート出来ないものだと思います。


描き始めて、初めて描けないモノの方が多いことに気付くものですし、
その度に一旦立ち止まって理解して描くしかないです。
例えば牛もその一つです。


こんなに時間がかかって、
大げさかもしれませんが命削って描くものだとは思いませんでした。

クオリティの問題ではなく、
どの作品も簡単に見えるヘタウマ系でも同じだと思います。
読むだけだとここまでなんてわかりませんでした。


人が命削って何時間もかけた1ページを自分は数秒で読んでいたんですよね…。


漫画好きな人と違い、
自分は漫画の読み方を知らなかったんだと思います。
それが少しわかってきた。


スロースターターの周回遅れな俺ですが
この理解が唯一の収穫だと思います。


どれくらいのもんか見たってくださぁぁぁい!
電子書籍の猫漫画 ターマ&ビッケ
今回のイラスト話でした。

猫漫画ターマ&ビッケはアマゾンのキンドル電子書籍で発売中ですぞ!!